VCCWでのWordMoveの概要と設定方法と使い方

VCCWはvagrantでWordPressの環境を簡単に構築するためのものなのですが、VCCWにはWordMoveという便利ツールが入っています。

WordMoveとは

WordMoveはコマンド1つでWordPressがある開発環境と本番環境を同期してくれるツールです。
指定のディレクトリでコマンドを実行するとテーマだけでなくプラグインDBメディアなども全てデプロイされます。

WordMoveのメリット

WordPressで開発環境を作っても本番環境で記事などを更新すると開発環境と本番環境でズレが生じてきてします。
そのズレを直すために毎回管理画面で設定を変更したり、記事を更新したりするのはとてもめんどくさい。
そのズレをコマンド一発で同期されるのでWordMoveはすごい便利です。

またこまめに開発環境と本番環境で同期を取ることでバックアップにもなります。
私は記事を書く際も開発環境で書いてそれを本番に同期させるようにしています。

以前にサーバーのお金を払い忘れて今まで書いていた記事やソースが全て消えたてショックだったので、バックアップはローカルで取りたいと思い、模索した結果WrodMoveに行き着きました。

使い方

VCCWで開発環境を構築する

別の記事にVCCWでのWrodPressの開発環境の構築方法を記載します。
coming soon

MordMoveの設定

MordMoveの設定には開発環境と本番環境のSSHの情報とDBの情報が必要となる。
開発環境の情報はVCCWで構築していればplaybookに全て書いてある。
本番環境の情報はレンタルサーバーであればそこの管理画面などから探す必要がある。

まずMovefileを編集する
変更が必要な箇所についてはコメントを残しておいたので参照してください。

local:
  vhost: "http://example.dev" #本番環境のドメイン
  wordpress_path: "/var/www/html" # 開発環境でのWordPressが入っているディレクトリのフルパス #VCCWでplaybookを変更していなければデフォルトのままでOK
  database:
    name: "dbname" #開発環境のDBのデータベース名
    user: "dbuser" #開発環境のDBのユーザー名
    password: "dbpassward" #開発環境のDBのユーザー名のパスワード
    host: "localhost"
    charset: "utf8"

  # paths: # you can customize wordpress internal paths
  #   wp_content: "wp-content"
  #   uploads: "wp-content/uploads"
  #   plugins: "wp-content/plugins"
  #   mu_plugins: "wp-content/mu-plugins"
  #   themes: "wp-content/themes"
  #   languages: "wp-content/languages"

production:
  vhost: "http://example.com" #本番環境のドメイン
  wordpress_path: "/home/users/3/username/web/protagram" #本番環境のWordPressが入っているディレクトリのフルパス

  database:
    name: "dbname" #本番環境のDBのデータベース名
    user: "dbuser" #本番環境のDBのユーザー名
    password: "dbpassward" #本番環境のDBのユーザー名のパスワード
    host: "host" #本番環境のDBのホスト
    #port: "3308" # デフォルトでこの記述があったでそのままにしていたら接続できなかったので削除するかコメントアウトする必要がある
    mysqldump_options: "--max_allowed_packet=50MB" # Only available if using SSH

  exclude:
    - ".git/"
    - ".gitignore"
    - ".sass-cache/"
    - "bin/"
    - "tmp/*"
    - "Gemfile*"
    - "Movefile"
    - "wp-config.php"
    - "wp-content/*.sql"
    - ".htaccess" #追記した

  ssh:
    host: "2222.22222.jp" #本番環境のSSHのhost
    user: "2222user" #本番環境のSSHのuser名
    password: "password" #デフォルトではこの項目は無かったが追記しておいた。
    port: "2222" #本番環境のSSHのport
    rsync_options: --verbose

ロリポップの場合は以下のサイトがとてもわかり易く設定方法を書いてくれていた。
WordmoveでリモートWordPressサイトをローカル環境に転送する

さくらサーバーの場合は以下のサイトがとてもわかり易く設定方法を書いてくれていた。
[WordPress] VCCW + WordMove でローカルの WordPress をサーバと同期する

WrodMoveでデプロイする方法

開発環境のsshに入る

vagrant ssh

vagrantディレクトリに移動する

cd /vagrant

開発環境を本番環境に同期する場合

wordmove push --all

本番環境を開発環境に同期する場合

wordmove pull --all

コメントを残す